災害の危機管理意識が持てない。(2018.7.15)
先週以降、私の住んでいる岡山県が大雨による河川の決壊で、多大な水害に見舞われました。私の家は倉敷市東部で、幸いにも全く被害は有りませんでしたが、僅か数百メートル先の隣町では床下浸水の被害が出るなど、同じエリアでも極端に違いが有りました。今回、7月6日の午後6時以降から何度もスマホや携帯の災害警報アラームが鳴り、大雨により水害等の危険な事態が発生する可能性が有る旨の避難勧告メールが届きました。残念ながら私をはじめ、このメールで非難された方は殆ど居なかったのではないかと思います。50人の方がお亡くなりになられた、岡山県倉敷市北西部の真備町でも、7日未明に小田川の堤防が決壊してから、住民の方々は緊急危険事態だと実感し、避難を始めたと聞いています。今回、岡山県でお亡くなりに成った方の殆どが溺死で、8割以上の方が65歳以上のお年寄りでした。恐らく、避難が遅れたか、避難をされなかったのだと思います。日本は歴史上、直接外国から攻められた地上戦の経験が無く、予防意識と危機管理意識が低い国民だと私は思います。東日本大震災でさえ、西日本の人間に取っては経験の無い、他国?の震災で有り、特に岡山県は原子力発電所と活断層が無いエリアで、私をはじめ岡山県民は「私達は災害と無縁。」の感覚でした。ですから、私は、何度スマホの災害アラームが鳴っても、「明日は晴れて危機は去っている。」と思い、ベッドに入りました。多分私は、今後も数十年に一度の災害に対しての危機意識は持てないと思います。しかし、今日15日(日)も、40℃に迫る暑さとなる所も多くなりそうです。救出活動や復旧活動をなさる方、ボランティアの方々は、体調の危機管理意識を持ち、熱中症に最大限の警戒をし、活動頂く事を祈るばかりです。
今時、議員定数増などふざけている( `ー´)ノ!!(2018.7.8)
自民党が提出した、参議院の議員定数を6増やす公職選挙法の改正案が、この7月6日から審議入りすることが決まったそうです。来年夏の参議院選挙に向けての1票の格差を是正することが目的だそうです。自民党の案では、埼玉選挙区で2、比例代表で4、合わせて議員定数を6増やすとか。私は、政治の事は素人ですが、普段から公務員と政治家の数が多すぎると思っています。そもそも、参議院自体の存在にも疑問を持っています。
参議院のメリット
1. 衆議院の衝動的な行動を参議院がチェックできる。
2. 衆議院だけでの拙速な審議を避け、慎重に法案を審議することが可能となる。
参議院のデメリット
1. 人件費など諸経費が参議院分余計にかかる。
2. 衆議院と機能が重複している場合は、非効率である。
一院制にすれば、少なくとも議員が少数精鋭になり、また、歳費の削減にもなります。現在の議員の中に、正直、日本の国会議員としての資質を問われても仕方がない議員も紛れています。何でもかんでも経費削減が良いとは言いませんが、二院制や無能な政治家の存在は最も大きい無駄使いだと思っています。野党の方々、1年間もモリカケの審議に費やす時間が有るならば、全力を挙げて阻止して下さい。宜しくお願い致します。
「あなたのアカウントは閉鎖されます。」危険は目の前に。(2018.7.1)
ネットの世界で「フィッシング詐欺」と言う詐欺の手口が有ります。金融機関や通販サイトの窓口などを名乗り、その正式なアドレスのメールが届き、本文には個人情報を入力するよう促す案内文とページへのリンクが載っています。リンクをクリックするとその金融機関の「本物」のサイトと、個人情報入力用の「偽者」ウィンドウが表示されます。本物のサイトとアドレスを見て安心した受信者が「偽者」ウィンドウに表示された入力フォームに暗証番号やパスワード、クレジットカード番号などの秘密を入力・送信すると、犯人に情報が送信されると言う手口です。本物と偽物が同じ画面に混在するため、受信者が信じてしまう場合が有るのです。私にも先日来ました(笑)「あなたのアカウントは閉鎖されます。」「Amazonをご利用いただきありがとうございます。〜アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、現在アカウントが停止されています。24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。」情けない話ですが、実は一瞬信用しかけ、入力フォームを開きました。詐欺メールのアドレスが本物のAmazon で有った事。先日登録してあるクレジットカードの1枚が期日更新され、そのカードで買い物をしていたので関係してるとカンチガイしたからです。しかし、「何故突然カード情報を更新しないといけないのか?カード期日が間違っていれば、そもそも買い物は成立しない筈。」如何にアドレスが正しくとも何か奇異に感じたので情報更新を止めました。その後、Amazonのサイトで私のカード情報に問題が無い事が確認でき、前述のメールが「フィッシング詐欺」で有る事を確信しました。他人事では有りません。危険は目の前に有ります。お互いに気を付けましょう。
サプリは本当に効くの?(2018.6.24)
最近、足・膝の痛みに効くと言うグルコサミンのサプリメントを飲み始めました。今なら1ヶ月のお試し無料、と言うネット広告に魅せられたのです(笑)。アメリカではサプリメントだけを売っている専門店が有りますが、現代の日本でも専門店は少ないにしても、新聞のチラシ、TV通販等、健康食品の宣伝を見ない日は有りません。40代半ば、仕事が忙しく、寝起き時に疲れを感じだした頃、ローヤルゼリーを飲みだしました。これは明らかに効果を感じました。目覚めが楽に成りました。ですから飲み続けています。50代に膝が痛く成り、ヒアルロン酸注射を整形外科で打ってもらい、膝が楽に成りました。そして、60代の今、毎朝ジョギングを始めたせいか、革靴で長時間歩くと、太ももの付け根、両膝の外側に痛みを感じるように成り、前述のグルコサミンのサプリメントを飲み始めたのです。サプリは割引購入分を含め3ヶ月分です。そして、サプリを飲みだして、現在1ヶ月半経過しました。足・膝の痛みは少なく成ったのですが、同時期に始めた整体師の指導による腿上げ運動の効果か、正直どちらの成果か分かりません(苦笑)。今日来たサプリメーカーのDMに『3ヶ月間はお続けください。』と、書かれてありました。飲みだして、3ヶ月後位がサプリの継続購入の一つの分岐点なのでしょうね。サプリメーカーからは毎週DMが届いています。多分、サプリの効能は気の持ちようで、感覚が抽象的なので、フォローのDMが来るのだと思います。病は気から、いいえ、効能は気からかもしれませんね。
ブレない味、ブレない個性が最高の味!!(2018.6.17)
ここ数年、日本中の酒蔵が次々と新しい銘柄を発売しています。ボトルはグリーン、ブルー、ブラウンとカラフルで、ボトルのラベルもデザイナーが描いたお洒落な物が多く、即Tシャツの柄で使えそうな物も少なく有りません(笑)。杜氏(日本酒の醸造工程を行う蔵人の最高製造責任者)も20代、女性、転職組と多士済々。職人で初老の気難しそうな男性と言う、私の杜氏のイメージと大違いです。そして、多くの銘柄の味はスッキリ、サッパリ、ワインの如く、飲みやすい物が多いようです。パリのソムリエも絶賛する日本酒「獺祭(だっさい)」。個人的には少し甘く感じますが、高品質の大吟醸酒として国内外で人気を誇っています。まさに匠の技の極致ですが、その酒蔵に杜氏の姿は有りません。その昔、杜氏に逃げられた事を切っ掛けに、匠頼りの製造現場の旧弊を改め、IT(情報技術)で匠の技術を極め、品質にばらつきがない製品を近代的工場で大量に製造しています。若い杜氏、女性の杜氏、完全な工業製品化と、昔ながらの日本酒作りが色々と様変わりしているようです。私は外食で和食を食べる時は、必ず日本酒を飲みます。そして出張の際は、可能な限り地酒と言われる地元の酒蔵の銘柄を飲むようにしています。どれも魚料理に合い、美味しく飲んでいますが、残念ながら「獺祭(だっさい)」を除いて、どれも味が記憶に残りません。私の味覚が鈍く、認知症初期かも知れませんが(笑)、日本中何処で飲んでも、その銘柄と味が頭に残るお酒が少ないのです。人の味覚とはいい加減な物で、美味しい・美味しくないの感覚は日によって変わります。体調によって変わります。料理によって変わります。だからこそ、お酒の味は一定でなければいけません。年による出来不出来が有ってはいけません。ボトルもラベルもスッキリもサッパリも大事ですが、「ブレない味、ブレない個性。」が大事だと思います。

Copyright(c) 2003 Aisel Management Laboratory Co.,ltd. All right reserved.